乳酸菌サプリ » アーカイブ

乳酸菌はガンにも働きかけます

読了までの目安時間:約 1分


腸内には、善玉菌と悪玉菌がいます。それらは常に腸内でせめぎ合いをし、善玉菌が多い時は、腸内が良い状態で保たれます。
しかし、悪玉菌が優勢になってしまった時には、様々な弊害が起こります。

たとえば、ガンです。
腸内には、食べ物をニトロソアミンという物質に変えてしまう悪玉菌がいます。
このニトロソアミンというのは、発ガン性があるのです!
こんな物がどんどん生成されてしまうと、ガンのリスクは高まる一方です。

ニトロソアミンなどの発ガン性物質は、乳酸菌によって分解されます。
乳酸菌が腸内にたくさんあるという事は、それだけガンへのリスクが下がると言えます。

ガンをはじめ、様々な病気への抵抗力を上げたいと思った時は、乳酸菌を摂りましょう。

乳酸菌はガンにも効果があるの?

読了までの目安時間:約 1分


日本人の食生活は欧米化しています。肉の摂取量は増える一方で、野菜を中心とした和食などを食べる人はどんどん少なくなっています。
食生活の急激な変化と、増大するストレスなどによって、ガンが増えました。
今では3人に1人がガンで亡くなっています。

ガンの中でも、大腸ガンがとても増えました。

この大腸ガンは、タンパク質が腸内で悪玉菌の影響を受けてアミンが出来ます。このサミンは発ガン性がある、ニトロサアミンになるのです。
脂肪も、腸内細菌に分解・消化された後はガンを引き起こす働きをする物質が残ってしまいます。とても危険ですね。

乳酸菌は、有害な物質を排出する働きがあります。
食生活の見直しがすぐに出来ない場合は、乳酸菌を積極的に摂取する事をおすすめします。

カテゴリー